http://www.freewebs.com/kurozarucqb/

2010年10月24日

実銃、私の「キャリーガン」Glock22

実銃Glock 22 M6ライト。
私のキャリーGUNはG22である。理由は40SWは9mmよりパワーがあり、15rdマガジンに入る(このマガジンは16発入る)16発+1発は17発、G17と殆ど変わらないキャパシティーである。トリーガーは3.5パウンド。銃の良い悪いはトリーガーで決る。

M6を使う理由はシュアファイヤーよりも操作性がしやすい事、安い事だ。正直十分明るく
これ以上明るくしても・・・・・・・である。M6はミリタリーレールにも付く為にM6などをM4に付ける者も多い、レーザーは所詮飾りだ!通常サイトで夜でも撃つ。
しかしレーザーを付けて撃つと皆さんが喜ぶ(笑)

ホルスターは今は有名になったBlade tech社 ホルスターだ、良い物を作る会社は伸びる!を証明したBlade techだ。G34,35様にG22を入れている(気が付いた?)
今現在カイデックスホルスターUSA製で良いのはBlade techとComp Tacだ!ブレードテックより明らかにマガジンポウチはComp Tacが良い。
しかしながら日本製のこの手のタイプのホルスターも中々良い、傷が付かない様に皮?が張ってあり、BBGUNに傷が付かない様にと、きめ細かいサービスだ、さすが日本製、お勧めできる。多分ここのブログの人が作って販売してると思います、お勧めです!私は生徒から1個頂きました。

このGlockにもマグエルが追加してあるが速いリロードよりも、いつも正しい位置でグリップ握れるようにマグエルを付けている。そしてお約束のDecal Gripを付けている、このおかげで40SWの鋭い反動もコントロール出来る。$7でこれだけGUNのコントロール性能が上がるパーツは他には無い。大変お勧めできるパーツだ。

サイトにはGlock社純正のナイト・サイト(トリジコン)が付いていて暗闇でもハッキリサイトを見ることが出来る。弾にはウインチェスターのシルバーチップかフェデラルのハイドロショックを使う。どちらも対テロで使う強烈な弾だ。フレンジブルを使わない理由はどうもあの弾はリコイルガ弱くイマイチすきになれない、またバレルには非常に悪い、ターゲットに当たって砕ける分、バレル内部でも粉になりバレルがヤスリをかけたと同じ状態になり、GUNの性能を悪くする。自分のGUNではフレンジブルの弾は撃たない方が良い。私はバレルを変えて撃つ事にしている。25メーターでIPSCターゲットに当たらない程ひどくなる。(大汗だ!)

黒猿。タクトレはhttp://www.freewebs.com/kurozarucqb/






同じカテゴリー(Glock)の記事画像
実銃、私の競技用GUN USPSA IDPA
もっとも使えるハンドガンG17
盗まれたG34がもどってきた。
同じカテゴリー(Glock)の記事
 実銃、私の競技用GUN USPSA IDPA (2010-11-07 11:32)
 もっとも使えるハンドガンG17 (2010-09-06 13:19)
 盗まれたG34がもどってきた。 (2010-08-14 14:23)

Posted by 黒猿。  at 13:42 │Comments(8)Glock

この記事へのコメント
グロックはシンプルでハイプレッシャーな状況でも使いやすいので、キャリーガンやホームディフェンスにはいいですね~(^O^)
逆にシューティングマッチには1911系の銃でしょうか。マァどっちも説明不要の人気銃なので。
因みに僕だったらSIGのP250のコンパクトモデルとP239をキャリーしたいですね~。大好きなんですよ。SIGの銃が。
そういえば、黒猿さんのお住まいのアリゾナにATTSというトレーニングスクールがありますが、そこの日本人スタッフの方のブログで「最近アリゾナでは携帯許可証があればコンシールドキャリーだけでなく、オープンキャリーも可能になった」と書かれていました。
僕は合法的にハンドガンを携帯しているのだから別にオープンキャリーにしても良いんじゃないかなとは思います。犯罪者やジャンキーなどのアウトロー達にはいい威嚇にはなりますし悪くはないと思います。
しかしそれ以外の人達によっては気分を害する人もいるとは思いますから、場所によってはコンシールドキャリーもいいかもしれませんね。流石のNRAもコンシールドキャリーは推し進めてきたものの、オープンキャリーには何も言っていないようですし。
黒猿さんはどう思いますか?
Posted by HiroSauer at 2010年10月24日 15:54
 市場でいまだに一番キャーリーガンに適しているのはGlockシリーズだと思います。バドグリップしても弾は出るしJAMはノーマルなら殆ど無いし、未だに色々なGUNの新製品が出ますがGlockは人気が有ります。

 コンペテションは勝ちに行くなら1911です!これ以上は無いですね。いろいろ1911に対抗してCZやCZのコピーの形のGUNがでましたが、やはり1911が良いようです。
 私の1911カスタムシングルカラムでさえ動きながら25ヤード当てられる、トリーガーの素晴らしさと精度があります。これはグロックでは無理ですね。

 オープンキャリーは昔から良かった気がします、今はバスとかスーパーとかでオープンキャリーを見かける事がありましたが、CCWがアリゾナでOKになってからはあまり見なくなりました。「今現在バスや郵便局は持ち込みは禁止です。」

 オープンのキャリーの欠点はGUNが誰からも見れるので不快感を与えてしまう事がある、他にそのGUNを狙って襲ってくるなんて事もあるそうです。(汗)
Posted by 黒猿。 at 2010年10月25日 12:05
銃を狙って襲って来る・・・ですか。確かにオープンキャリーだとハンドガンまる見えですからね。
銃を合法的に所持出来ない非適格者たちにはオープンキャリーは威嚇であると同時に餌でもあるんでしょうね。
確かドイツのアーマティックス(armatix)社という銃の周辺機器を作っているメーカーが今年のショットショーとIWA(ドイツで開かれるヨーロッパの銃の見本市)に“スマートガンシステム”なるものを発表したらしいです。
このシステムは簡単に説明すると銃の個人認識装置みたいな感じのものらしく、腕時計型のコントローラーを着け、そのシステムが組み込まれた銃を持つと連動してセイフティが解除され初めて撃つことが出来るというシステムです。
逆に言うとその腕時計型コントローラーを腕に着けていないと撃つことが出来ないというシステムで僕的には携帯許可証を持ってコンシールドキャリーやオープンキャリーしている人達には最適なシステムだとは考えてはいますが、黒猿さん、いかがでしょうか?
Posted by HiroSauer at 2010年10月30日 03:03
 バッテリー切れが私は心配です。スマートGUNは最高に良いアイディアなのですが、電池を使うシステムは電池切れが予想され、皆さんも気にしてないでしょが時計の電池が何時切れるかは予想が付かないと思います。

 ダットサイトの場合、電池が切れても撃つ事が出来ます、スマートGUNは指輪や時計をしていないと撃てません、例えば寝ている時に指輪や時計をして寝る人が、どれぐらい居るかです、

 いつも付けている人は問題がないのですが、私自身寝る時には時計や指輪を外して寝ます。

 外に持ち出す時や警察官などはこのシステムの恩恵を100%受けれると思いますが、普通の人には100%使えるかと言われると、微妙です。

 そう銃は100%何時でも動かないと価値がありません、このシステムの場合下手すると、指輪や時計をしてなかった!(大汗)や電池切れが予想されます。

 きちんと管理できる人ならば使う価値があると思います。またどれぐらい丈夫かも気になります。機械は部品点数が多い程壊れる確立が増えます。

 もう少し進化を待ちたい製品です。あと価格が気になります。

いくらなんだろー?私の回りで使っている人居るのかなー?お店で見かけたことは無いと思います。
Posted by 黒猿。黒猿。 at 2010年10月30日 06:12
“グロック19”大好きなぐっちです。
黒猿先生に射撃を教わりたいと思いながら、はや数年が立ってしまいました・・・
普段は日本でエアソフトガンなのですが、
それでもグロックの良さが分かります。
撃つ時にセーフティをはずすなど余計な操作も無し、
ドロウの時に服などに引っかかるような出っ張りも無し、
手を切るようなエッジもほとんど無しと、
最高のGUNだと思ってます。

過去にアメリカ旅行した際に実際に撃ったのですが、そのデザインからハイグリップが可能で、反動も抑えやすかったです。
でもハイグリップしすぎて、スライドのエッジで親指の付け根が切れそうになりましたが・・・(私のエアソフトガンはパテを盛りビーバーテイル風にして防いでます)
ホルスタは黒猿先生に習ってブレードテックにしました。
ガンを収めている時はがっちりとホールドしてますが、
ドロウは“シャコ”っとストレス無くできるので、とてもお気に入りです。
ただ、最近はRaven Concealment Systemsが気になっています。
ブレードテックより体に密着することが出来て、コンシールドキャリー性は高そうなのですが、実際の評価などはどうか、ご存知でしょうか??
Posted by ぐっち at 2010年11月01日 02:48
エアーガンは本当に本当に練習になるので続けてください。
最近はM&Pとかも目立ちますがやはりJAMがありますねータマニだけど見かけます。XDも同様にJAMを見かけます。

Glock はその点ホボ100%で回転します。バレルをバーストやマガジンをロングにして40SWで19rdや20rd入るようにするとG22の場合JAMの確立がグント上がります。私のG22の競技用はこのJAMに苦しんでいます。200RD中1回ぐらいJAMがあります。9mmでJAMは殆ど無いですね。訓練にならないぐらいJAMが無いです。

Raven Concealment Systemsは良いホルスターです。ただ体にぴったりは少し抜きにくいと考えてください。ホルスターは軽く体から離れていた方が抜きやすいです。練習が必要なホルスターです。

このタイプパンケーキ型とアメリカでは言われていて最近多いです。
この形の方がドローの時やキャリーの時にGUNが振れにくいので良いのだと思います。

お勧めできるホルスターです。コンシールドにはBESTです
が・・・・(^ ^)vただ練習が必要!

P.S. グロックでハイグリップして親指と人差し指の付け根がスライドが当たり問題になる人が居ますね、少ないですが確かに居ます。ただホンノ少しずらすか、パテを足すか各自の判断ですね、防止するパーツも出てますね。ただハイグリップは良い握り方です。
Posted by 黒猿。 at 2010年11月01日 07:39
黒猿さんはよくグロックを扱っていると思います。グロックは軽く、弾が沢山入り、頑丈でジャムが少ないとは思います。
質問ですがそんなグロックに敢えて欠点、短所を言うとしたらどんなところがありますか?
Posted by HiroSauer at 2011年03月01日 02:51
 先ず一般的言われているのはサイトがプラスチィックでちゃちい。

 グリップが滑る(旧型などが)。 これは新しくなり改善

 マガジンキャッチが押しにくい。 これはロングを選べ解決

 弾が満タンだとマガジンキャッチを押しても出てこない(特に旧型)
 これも新しいスチールライナーを採用しホボ解決。

 トリーガーが今のGUNにしては重い(ノーマル5.5パウンドではXDなどの方が全然良い。)

 ここからは壊れる箇所。

 コネクタースプリング(トリーガーバーに付いた小さなばね)たまに折れる
しかし撃てる○

 トリーガーピン&ブロックピン、たまに折れる しかし撃てる○

 スライド 沢山撃つとシリアルナンバーのあたりにクラックが入り割る   
 しかし撃てる○

 ここからは壊れると撃てない箇所

 ストライカー折れる×

 トリーガーバー折れる×

 Glock17は壊れても撃てるのが凄いです。ここが◎でプロから選ばれる理由です。
Posted by 黒猿。黒猿。 at 2011年03月01日 09:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。