http://www.freewebs.com/kurozarucqb/

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年08月30日

やってしまった(汗)と思う事がある。

やってしまった・・・・(汗)と思う事がある、衝動買いだ。
SIG Sauer, GSR Revolution この銃ほどコケた事は無い。
SIG社が鳴り物入りで出した1911だ、“SIGか信用出来るGUNメーカーだ、とりあえず買っておこう♪”

SIG226を思い起こさせるスライドのデザイン、前から見るとSIG社の顔をしている、新しく採用されたエキストラクター、1911の古いタイプのツマヨウジぐらいしか無い薬莢を引っ掛ける所の面積を広げJAMを無くす、そしてアクセサリーを付けられるアンダーレールにノバック社のナイトサイト、必要な物は殆ど付いている。トリーガーチューンしマグエルを付ければGOGOだ。まさにCQB1911完成だ。

しかもツートンでオシャレなカラーだ、グリップセィフティーも珍しく私の手に馴染む。
これなら行けそうだ、レンジに持ち込み、お約束のサイトを0に合わす(私がもっとも嫌いな作業だ)0も出ている、アキュラシーも1911のカスタムGUNと殆ど変わらない、
さすがSIGだ、明日のマッチにでも使ってみよう♪

第一ステージからJAMが1回あった、まぁー新しいからこんな事もあるかなーと思い、第二ステージへ、しかし8発+1発、初めのマガジンで7発JAMがあった(汗)
1発目を撃つと立て続けにフィーディングJAMが連発した。マガジンをリロードし次のボックスに移動一発目を撃ちまた何発か撃つとフィーディングJAMが連発であった。

一体このGUNはどうしたのだろー・・・・・(汗)マガジンもホボ新品、弾はファクトリーのミリタリーボール・・・・ありえん!セェーフティーエリアでGUNをばらしチェックする仲間も心配して見に来る、誰が見てもおかしい所は無い。第3ステージでもまた
同じフィーディング、ここからは皆様のやじが飛ぶ、俺が$20で買った!俺は$23!など、お約束超低価格なオークションがはじまる。第四ステージ撃ちJAMは無し、しかし
とても信用は出来ない、銃で一番重要なのは信頼性、これが何をおいても一番重要である。もう一回マッチ撃っておこう、前ほどではないが、やはり全て同じタイプのJAMがあった。

ググろう!1911 SIG GSR Jamで検索をかけるとアレヨアレヨと多数の人のGSRに問題がある事が判明し、皆フィーディングトラブルだ! やばい・・・明日SIGに電話しなくては・・・・・(大汗)。

つづく。
  


Posted by 黒猿。  at 13:27Comments(2)SIG GSR 1911

2010年08月27日

Magpul Daniel Defense Vltor

これらは私のスクールで使用されるカービン実銃です。

上からDaniel Defense M4にエルカンスコープ1X4とマズルブレーキにSureFireを使いリコイルをコントロール楽にしています、マグプル社製ストックは純正でグリップをマグプルに変更しています。マグプルストックはシンプルですが大変シックリくるストックです。

次はCOLT LowerにGG&G製アーバンワーフェアー14,5インチバレドUpperにエイムポイント、ストックにVltor社製TANカラーとVltorフラッシュハイダー、グリップにはタンゴダウを使用しています。Vltorストックは左右にカービンをスイッチする時に便利です。

軽くて使いやすい、ブッシュマスターにEO Tech552とGG&Gレール、ストックにFAB DEFENSE製を使用しています。FAB DEFENSEはあまり有名では有りませんが、このストックは大変良いです、薄いラバーが良い感じで滑り止めになります。

Colt 9mmカービンにトリジコンサイト、お約束のSureFireライト付きで主に動きながらの鉄製プレートターゲットを近距離で撃つのに使います。

写真には無いですがNoveske Lower With Vltor ストック とKnight`s RIS URX Upper 14,5インチバレルにエイムポイントとSureFireフラッシュハイダーを装備しているカービンが有ります。

現在のAR系カービンは6丁用意されています。また組み合わせにより、昔のカービンに戻す事も可能です。

好みでマグプルのアングルグリップや持参したダットサイトを付けて撃つ人もいます。

 この他Daniel Defense Upper, GG&G Upper、M4 16インチUpper, Colt SP1 Upper、
Vltor ストック+Bushmaster Lowerを予備として備えています。

AR15系の良い所は日本の皆さんと同じ、着せ替えが可能な所です。少しづつパーツを変え何処の物が良いかテストするのも我々の重要な仕事の一部です。

皆さんは何のカービン好みですか?

Magpulみたいな実銃トレーニングしたい方はどうぞ♪ 横にして撃つのは以外に当たりますよ♪

トレーニング希望の方は http://www.freewebs.com/kurozarucqb/ まで。
黒猿。

  


Posted by 黒猿。  at 16:30Comments(2)実銃カービンAR15クラス。

2010年08月24日

実銃1911とSIG226

これらは私のスクールで使用される実銃です。左上エド・ブラウンの1911SF
左下スプリングフィールド・カスタム、右上SIG226旧88年製、右下SIG226R,SEAL
です。 皆さんは何のハンドガンが好みですか?

 1911はもちろん45ACPを使います、マガジンに8発+チャンバーに1発、合計9発装てん出来ます。圧倒的なノックダウン・パワーが魅力です。ミリタリーボールの45で撃つと鉄のプレートが大きく動き又鉄製のプレートが壊れる事が良くあります。9mmではあまり起こらない現象で、それほどパワーがあります。
SIG 226は9mm口径で高速弾、マガジンに15発+チャンバーに1発、16発装てん出来ます。多くの弾がマガジンに入る所が良い所です、しかも軽量で携帯に向いています。

 1911はストッピングパワーの重要性から多くの者から指示されています。
SIG226は扱いやすさ、操作性、装弾数の多さから、多くの者から指示されています。

 1911は1日1000発ぐらい根性があれば撃てますが2日目は・・・?です。
SIG226はグリップが良い為に1日1000発はカナリ楽に撃てますが、初弾がダブルアクションの為、人差し指が疲れてきます。2日目は1000発撃てば親指と人差し指の間の皮がむけてきます。バンドエイド又はテーピングは必需品です。リピーターの方々は必ず持参してきます。グローブは殆どの場合着用させません、理由はトリーガーコントロールを学ぶのにグローブの感覚が上達の妨げになるからです。

 一流のエリート達は素手で1日2000発45でも9mmでも5.56mmでも消費します。撃ち終わった後には薬莢のカーペットを引いた模様のようになり、訓練の激しさを物語ります。GUNが高温になる為にバケツの水にGUN沈め冷やします。軽く掃除してオイル付けてまたGOGOです。真夏に50度以上の気温になるアリゾナではGUNの温度が上がると持てなくなるほど温度が上昇します。こんな時にはプラスチックフレームがグリップの温度があまり上がらず有利です。

 理想の1日の消費量ですが500発~600発ぐらい、さらに極めたい人は800発~1000発を3時間~5時間ぐらいの間に集中して撃つ事が理想です。これ以上長い時間だと無駄にトリーガーを引きムダ弾を撃つ事になります。長ければ長いほど人は集中力を維持できないからです。トリーガー・コントロールを学ぶ、これが射撃のはじめの一歩になります。

トレーニング・タクトレを希望の方は http://www.freewebs.com/kurozarucqb/ まで。

黒猿。

P.S. 以外にも皆さんマガジンへの弾入れが大変だと良く聞きます。弾込めは以外に手ごわいです(笑)。
  


Posted by 黒猿。  at 13:57Comments(2)

2010年08月21日

Microtech ナイフ



皆さんは、どんなナイフを使っていますか?私はマイクロテックのナイフを9年近く使っています。ハードな使い方しているにもかかわらず、今だ壊れるどころか、ガタ1つ無く大変お勧めできる1品です。刃はセレーションではない普通のタイプです、素人でも簡単に研ぐ事が出来る所が非常に良い所です。「1度たりともネジを締めなおした事は有りません。」こんな良い物を作るマイクロテック社は大きな会社になり今ではライフルまで作っています。

 素材は154CM、ボーイング社のジェットエンジンのベアリングに採用された硬い素材でATS34より錆びに強い気がします。グリップは硬いアルミとラバー製で人間工学がおりなす絶妙の形が手に吸い付き中々良いです。どの角度で握ってもシックリ握れて力が入れやすく使い勝手が良いです。

 私がナイフを選ぶ条件は、先ず①刃が良く切れる事、②片手で操作出来る事、③錆びにくい事、④ポケットに付けるクリップが付いている事、⑤研いだときに新品の切れ味にもどる事が良いナイフの条件になります。

 これらの条件を満たすナイフはマイクロテック(初期)、スパイダルコ(日本製)、ベンチメイド(USA製)などなどです。これらのナイフ社は、ほとんどが基本永久保証、壊れても送り返せば無料で直してくれます。G-SAKAIやUSガーバーナイフ社もアフターケアーは大変良いです。

 アメリカでは友人にナイフを送る習慣があります。私はマイクロテック、スパイダルコ、ベンチメイド、ガーバーのマルチツールを良くプレゼントで送ります。

 そして色々なナイフを見続けて思う事が有ります、マイクロテック社さん、G-SAKAIに頼んで作ってもらえば良いものを安く出来るのではないかなーと・・・・・日本は刃物の国、何処に出しても恥ずかしくない素晴らしい品質と切れ味です、何かここぞとばかり1品をG-SAKAIやSEKI-JAPANさんに作ってもらいたいと考えています。

 黒猿。


 タクトレは
http://www.freewebs.com/kurozarucqb/
  


Posted by 黒猿。  at 14:51Comments(7)ナイフ

2010年08月17日

この銃何~だ。

この銃何~だ。


ヒント、12GAだよ、皆が好きな銃だよ、日本でも多分買えるよ  


Posted by 黒猿。  at 12:14Comments(2)

2010年08月14日

盗まれたG34がもどってきた。

  盗まれたG34がもどってきた。(^0^)


 なんと盗まれていたグロック34がもどってきた、盗まれたのは2007年12月クリスマス頃・・・・
この時、盗まれた銃は確かSMGを含めて9丁金庫ごと盗まれたのである。そして盗まれたGUNが持ち主の元に帰る事は、ここアメリカでは大変少ないのが事実である。


 大抵は証拠品としてキープされ廃棄されていくが、運の良い事に、知り合いのSWATの隊員が交通違反の車を止め、怪しい人だったので車を捜索、盗品が出てきたのである。そして「お前の銃見つかったって知ってる」とメールが別の隊員から届いたのである。私は「絶対に破棄させるな」すると大丈夫分かっていと、たのもしい返事&お答え♪

 速攻、盗まれた時の担当刑事に電話し状況を確認し早く返して欲しいとお願い、しかし証拠物件であり直ぐには返せない、捜査が終わるまで待って下さい、との事。そして発見から1年ぐらいして忘れた頃に1枚の葉書が・・・・内容は取りに来て良いよとの事、さっそく保管所に行きリポートナンバーを言い確認、そしてGUNは私のバックグラウンドチェック(犯罪歴が有るか無いかのチェック)を終え無事もどって来ました。

 何かもの凄く得した気分です。たぶん宝くじやロトに当たるとこんな気分なんだと思います。元々は自分の銃なのですが、凄く嬉しいです。やはり私はGUN好き何だなーと思います。

 黒猿。

  タクトレは
http://www.freewebs.com/kurozarucqb/
  


Posted by 黒猿。  at 14:23Comments(2)Glock

2010年08月09日

この銃何~だ?


この銃何~だ?
そう紳士のスポーツ、クレー射撃に使う上下2連銃です。今回は日本でも所持が可能なショットガンです。※※Sの刻印はスキート銃(平筒)を表しています。
そう殆どのTactical Shotgunと同じシリンダー(平筒)です。ベネリM4や後期型のM1&M3はチョークがあり、色々絞り変える事が出来、トラップやスポーティングを撃つ事が出来ますが、このブローニング・スキート銃は絞りを換えることが出来ません。スキート専用銃です。


長い間インストラクターをしていると生徒からも色々アイディアをもらう事が有ります。戦闘機パイロット達にハンドガンを教えた時に普段戦闘機に乗れない時にはどんな練習をするのか?の私の質問にショットガンを使うスキート射撃が良いと、スキートはホボ360度に近い角度を撃つ事が出来、速いクレーを目で追い撃ち落す事が戦闘機のドッグファイトに通じる物があるそうです。確かに敵は正面から向かっても来るし、頭の上を越えて逃げていく事も有る、左右目の前を横切るなど激しい目の動き対応しなければならず、またハイレディー(拳銃、バレルを上に向けストックを腰の位置まで下げたスタートポジション)で1秒そこそこ(多分1秒以内に)1個目のクレーに命中させないと2個目に逃げられてしまい、早く撃つ事に専念しなければならない攻撃的な射撃です。

 素早く構えて撃つ!は我々がもっとも見につけたいテクニックの1つで初弾を早く正確に撃てれば撃ってる程有利です。スキートは8箇所のボックスから撃つ為に、少しずつ違う角度から撃つ事になり実戦にも通じる所が有ります。私は自分がスキート射撃を始めた頃からカービンを撃つのが早くなり、動く標的の命中率も格段に上がりました。もちろんショットガンのTactical shootingのレベルも上がりました。短い時間でしかターゲットを獲られるチャンスが無いスキート射撃のおかげで限界までテクニックが引き出されたと思います。

 こんな紳士のスポーツ♪クレー射撃は日本でも許可を取り、スポーツを楽しむ事ができる実銃射撃です。しかもスキート銃は5万円ぐらいから中古であり、アメリカより中古価格が安くお勧めです。散弾銃の許可を取り10年間たてばライフルの所持も可能なようです。
クレーに弾が当たり割れた瞬間は中々普段の生活では味わえない面白さが有ります。「まさに飛ぶ鳥を落す勢いを味わえます。」許可申請については通常日本人ならば、必ず許可が下りる内容です。がんばってオリンピックを目指してみては?

黒猿。

タクトレは

http://www.freewebs.com/kurozarucqb/


  


Posted by 黒猿。  at 08:24Comments(4)ショットガン

2010年08月05日

ショットガンはポンプかオートか?


皆様はじめまして、米国アリゾナ州で射撃のインストラクターをしている黒猿です。今回はショットガンはポンプアクションが良いのか?セミオートショットガンが良いのか?を説明いたします。
ズバリ1個しか持って行けないのならば、セミオートショットガンです。理由は引き金を引くだけで弾が自動で出てくれる、ポンプアクションより速く撃て操作が簡単だからです。


もちろんポンプアクションでもセミオート並に速く撃つ事が出来ますが、それなりの訓練が必要になります。「いやいや黒猿さんオートのショットガンはジャム(作動不良)が有りますよ」との声が聞こえてきそうですが、レミントンの870やモスバーグのポンプアクションでもジャムは、たまにですが起こります。ポンプアクションは前後のポンプの動きが中途半端だったり、あせって速く動かそうとすると、シッカリポンプが前後に動く前に動かしてしまい作動不良が良く起きます。普通に楽しんで撃っている時には殆ど起きる事が無い現象ですが、本格的なトレーニングを積んでいくと必ず遭遇する現象です。「あーあーアルアルと声も聞こえてきそうな気がします」

長い間銃器に携わり大量の弾、数多くの銃を撃っていると、若い頃色々雑誌、小説、他のインストラクターから伝説のように言われていた事と現実は違うという事に気がつきます。昔良く言われていた1911のガバメントなどはジャムが無い、ショットガンはポンプだ!オートはジャムルなどが良く言われていました。一般的に銃を撃つ弾数は普通の人達は50発~100発、プロでも撃って100発~150発が良い所で1日1000発~2000発撃つのは、ごく一部の限られた人達です。銃器の性能は1日200発程度で評価できる物ではなく、数日間、数ヶ月かけて初めて正しい評価ができます。

 1911は45ACPのズングリしたドングリの様な弾を撃つので理論的にはフィーディングジャムは少ないはずなのですが、私がトレーニング中に多く見かけるのはフィーディング系のジャムです、2番目に多いのがグリップセフティーの握りがあまく解除されずに弾が出ないが多いです。ショットガンのポンプアクションにおけるジャムは圧倒的にポンプの動かし方が速く撃とうとして焦り正確に動かしていないのが原因です。原因はシューターに有ります。

 ではオートのショットガンはどうか?もちろんジャムがあります。私は今までにレミントン1100、ベネリM1、M3、M4と所持し沢山の弾を撃ってきましたが、いずれもジャム作動不良がありました。原因は弱い弾にあり、戦闘に使用するOOBUCKSやスラッグでは殆どありません。またジャムを起しても簡単にジャムをクリアー出来るテクニックを身につけています。クリアーのスピードはポンプアクションの動きと変わりません。ポンプはあまり弾を選びませんが、オートショットガンは弾を選びます。

同じミリタリーブログに私の生徒の黒猪君がレミントン870 Tacticalでトレーニングを受けている動画が見られます、珍しいショットガンのジャムクリアーが出ています。撃った弾がチャンバーに張り付いて通常のポンプの動かしたかではクリアーに出来ずにストックを叩きつけてクリアーにしています。この時の原因はエキストラクターの変形にありました。ポンプもオートも弾がスタックした場合ストックを地面や体その他の使えるものに壊れない程度に叩きつけクリヤーにします。
黒猪君のブログ。 http://kurosisi.militaryblog.jp/

 私がオートを選ぶ理由にもう1つ構造的な理由が有ります。殆どのセミオートショットガンは弾を全て撃ちつくすと、ボルトがオープンになりシューターに弾が無い事を知らせてくれます。しかしポンプアクションは、そのまま何の知らせも無くカチ!と言うドライファイヤーの音で弾が無いのが分かります。しかしこの場合本当に弾が無いのか?ただの不発なのか?が分からず大抵の場合もう一回ポンプを動かし撃つ事になります。生きるか死ぬかの状況では1秒が生死を分けます、こんな理由から操作が簡単で速く撃てるセミオートショットガンは現在の戦いには向いています。むろんポンプでも十分な訓練を積み使いこなせれば現在でも十分通用します。

 では私がポンプとオートどちらが好きかと言うと両方好きです。やはりポンプのガチャという音は安心感があり強力な武器を手にしたと勇気が湧いてきます、こんな心理的な効果はポンプショットガンでしか味わえません。

 当スクールでのショットガンクラスはベネリM4又はレミントン870Tacticalを使用しています。3日間$1600 バードショット 200発付き、OOBUCKS 100発付き ハンドガン9mm 100発付きです。もちろん追加の弾の購入も可能です。

 黒猿。

  


Posted by 黒猿。  at 07:33Comments(0)