http://www.freewebs.com/kurozarucqb/

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月03日

やってしまった(汗)と思うことがある。


↑全ての銃がAK47みたいに動けば良いのになー↑

やってしまったと思う事がある。
 SIG GSRとSIG226が思いの他早く戻ってきた、早速レンジでテストしかし同じJAMが・・・・やはり直せなかったか。SIGが言った原因はショックバッファーを付けた為と言ったが、明らかに違う、私がテストでバッファー外して撃ってもJAMがあった。「ああぁSIG社もこの程度か・・・・・・・」
やはりメーカーは簡単にしかチェックはしない、例えば大きな軍などでトラぶった
場合は敏速に動くが個人では中々動かない。

 とにかく又電話してSIGに報告、同じJAMである事、他のグループでも同じ事が有り、彼らとも連絡を取ったと告げる、すると態度が変わる、元々GSRはSFのエリート用のGUNを作った人がSIGに頼まれてデザインした物で、デザインした人は機械的に作るのではなく、ある程度手作りで作るよう指示したがコストが合わない事からSIGがこのアドバイスを無視して市場に流した事が原因だったようだ。たまたま出来の悪い物や問題が無いものなど色々なクオリティーのGUNが市場に流れてしまったとの事、GSRを使っていたチームは結局SIG P220に交換をしてもらったそうだ。同じ45だし性能は申し分ないとの事。

 私は最後の頼み綱、友人に修理を依頼する、新しいシステムを使用するGSRでは大抵のGUNスミスでは修理を断られる。友人はGUNスミスではないが、この道私より長い。お願いする事にした。彼はエキストラクターの角度とランプの角度を変更、ダミーカートで何度もテストして私に戻してくれた。

 通常のテストは問題が無くJAMも無かった100発撃てば何回もJAMがあったGUNが問題無く動く。しかしGUNのテストは100や200では解らない、1000発は撃たなければ本当に大丈夫かは解らないのだ。

 しかし残念ながらこのGSRは私のテストから落ちた。ウイルソン10rdマガジン、8rdマガジン
を使いビアンキ・コースを撃ったが、最後のバリケードで1回JAMがあった、かなり良くはなったが私達のような人間が納得できるGUNにはならなかった。
残念なGSR・・・・・コスト削減は明らかに良い物を作らなくなった気がするこの頃です。

 しかしながらこのタイプ製造が中止になり、このツートンタイプがコレクターアイテムになり欲しい!と言う方が出きて調子悪いよ、それでも良いよ、との事なので譲ってしまいました。そしてエドブラウンSFを手に入れました。(^^)

やっぱり1911は普通が良さそうだ!

黒猿。 タクトレは
http://www.freewebs.com/kurozarucqb/


  


Posted by 黒猿。  at 13:47Comments(2)SIG GSR 1911

2010年09月01日

やってしまった(汗)と思う事がある。


上の写真は問題無く動く良い子達。

SIGに電話を掛けるとカスタマーサービスが電話に出る、必ず聞かれる事は、住所、氏名、シリアルナンバーと購入時期、そして何処のメーカーの弾を使っているのかだ。ここで大切なのは、どこのメーカーに電話する時にもファクトリー弾でUSA製を使っていると言った方が良い。そうでないと、保証が効かなかったり、修理などを受け付けない事がある。
私の場合はファクトリー弾、ウインチェスターとフェデラルを両方試したが、同タイプJAMがあり、初めの方がJAMが多い、最後の1,2発はJAMが少ない気がする、マガジンはファクトリーSIG製(ノバック社製造)である事を告げる。

SIG社とは長い付き合いがあり、ある程度無理が利く、修理時間の短縮や優先的に直してもらう事も可能だ、しかし私は正直に言うと、どこのメーカーもあまり信用をしていない。全ては経験から来る物だ。メーカーやGUNスミスは1つの銃をチェックする時間も限られるし、全ての人が一流のGUNスミスで無い事を私は知っている、多くの者はただ部品を新しい物に買えるだけの交換屋だからだ。

アメリカを生きるうえで交渉は非常に重要である、交渉が出来る、出来ないでは、大きな差が人生を生きる上で出てくる、時間のロスや無駄なお金の支払いなどがそうだ、交渉は今の日本人にモットモ必要な部分でもある。

先ずメーカーに聞く事は、このJAMの問題が直せる事ができるのか?大抵のメーカーは出来ると言う、だから安心して品物を送ってくださいと、そこで我々が聞かなければならないのは、何処がオカシイのか?対策部品はあるのか?他にも同じ様な問題があるのか?ここで正直に答えるメーカーは直せる、直せないに関わらず、ある程度信用できる。
SIG社の担当は他のGSRにも同じ問題が有る、対策部品は無い(出てない)、おかしい所は無い(原因が解っていない)である。

いやーな回答だ、ピンときた、これは直せないのでは無いかと・・・・じゃーどうやって直すの?フィーディングランプ(弾がチャンバーに入る所の角度の滑り台)を磨くが,
回答だった。角度を変えて磨くのか?に回答は磨くだけです。じゃーハッキリ言うがこんな銃実戦じゃ使えないじゃん!と・・・・・無言・・・・まぁー信用するからとりあえずマグウェル付けておいてと,言って送り返す。ここで大事な事はメーカーに送料を持ってもらう事である、交渉さえ出来れば難しい事ではない、簡単に言えば,この問題は明らかにお客の問題ではないからだ。この時に私は悪くないと相手を説得する事が大事である。(この時に調子がイマイチだった旧P226も一緒に送り返す。)

そして情報をあらゆる方向から集める、今までのネットワークが役に立つ、そして
あるグループがSIG GSRを採用したがダメダメで送り返したとの情報をつかんだ。
彼らも同じフィーディングJAMで彼らの考えはエキストラクターに問題があるのではないか?だった、エキストラクターに問題があるとすれば、下手をするとスライド交換する可能性がある。メーカーとしては大問題である。

そして私は日本のGUN系の雑誌はSIG GSRをどう評価したのだろうと思った。

誰か知っていたら教えてください。

つづく。




  


Posted by 黒猿。  at 14:38Comments(4)SIG GSR 1911

2010年08月30日

やってしまった(汗)と思う事がある。

やってしまった・・・・(汗)と思う事がある、衝動買いだ。
SIG Sauer, GSR Revolution この銃ほどコケた事は無い。
SIG社が鳴り物入りで出した1911だ、“SIGか信用出来るGUNメーカーだ、とりあえず買っておこう♪”

SIG226を思い起こさせるスライドのデザイン、前から見るとSIG社の顔をしている、新しく採用されたエキストラクター、1911の古いタイプのツマヨウジぐらいしか無い薬莢を引っ掛ける所の面積を広げJAMを無くす、そしてアクセサリーを付けられるアンダーレールにノバック社のナイトサイト、必要な物は殆ど付いている。トリーガーチューンしマグエルを付ければGOGOだ。まさにCQB1911完成だ。

しかもツートンでオシャレなカラーだ、グリップセィフティーも珍しく私の手に馴染む。
これなら行けそうだ、レンジに持ち込み、お約束のサイトを0に合わす(私がもっとも嫌いな作業だ)0も出ている、アキュラシーも1911のカスタムGUNと殆ど変わらない、
さすがSIGだ、明日のマッチにでも使ってみよう♪

第一ステージからJAMが1回あった、まぁー新しいからこんな事もあるかなーと思い、第二ステージへ、しかし8発+1発、初めのマガジンで7発JAMがあった(汗)
1発目を撃つと立て続けにフィーディングJAMが連発した。マガジンをリロードし次のボックスに移動一発目を撃ちまた何発か撃つとフィーディングJAMが連発であった。

一体このGUNはどうしたのだろー・・・・・(汗)マガジンもホボ新品、弾はファクトリーのミリタリーボール・・・・ありえん!セェーフティーエリアでGUNをばらしチェックする仲間も心配して見に来る、誰が見てもおかしい所は無い。第3ステージでもまた
同じフィーディング、ここからは皆様のやじが飛ぶ、俺が$20で買った!俺は$23!など、お約束超低価格なオークションがはじまる。第四ステージ撃ちJAMは無し、しかし
とても信用は出来ない、銃で一番重要なのは信頼性、これが何をおいても一番重要である。もう一回マッチ撃っておこう、前ほどではないが、やはり全て同じタイプのJAMがあった。

ググろう!1911 SIG GSR Jamで検索をかけるとアレヨアレヨと多数の人のGSRに問題がある事が判明し、皆フィーディングトラブルだ! やばい・・・明日SIGに電話しなくては・・・・・(大汗)。

つづく。
  


Posted by 黒猿。  at 13:27Comments(2)SIG GSR 1911